マッスルゲイサイト

マッチョ好きゲイが喜ぶ動画を毎日紹介!

トイレで部屋で餓えた野獣のように激しく男の肉体を貪りあう汗ダラダラの2人

      2016/09/05


リアルでマッチョ野郎と出会いたいならばココ

ガソリンスタンドで偶然旧友に出会った俺。最近どうしてるかなんて、他愛もない話をして、ちょっとトイレに行きたくなった。彼に場所を案内してもらい、でもそれが始まりだった。彼は俺の男根を無我夢中でしゃぶり尽くす。餓えた野獣のように激しく舐めまくり、喉の奥までしっかり咥え、男根ビンタで顔はヨダレだらけだ。

今度はお前の番だと命令され、俺も彼のデカマラを喉の奥まで咥えてやる。ちょっと苦しくてオエッとなるが、この巨根を独り占めする嬉しさが勝る。彼はハアハア息を荒げてしごき、逞しい体を震わせながら噴射した。彼に自分の家で続きをやろうと誘われ、俺はもちろんOKだ。そして、

家に入って待ち切れずに激しくキスを交わしながら脱ぐ。2人とも痛いくらいに勃ちっぱなしだぜ。ソファーで彼の逞しい体を後ろから抱き、挿入して腰を動かす。こいつパンパンに勃った巨根をしごいてやがるぜ。グイグイ奥まで突いてやると息荒げてよがる。

次は俺のケツも気持ちよくしてもらおうと、彼のギンギン巨根に跨ってハメる。凄い充実感だ。気持ちよくて俺のマラは天に向かって直立したまま揺れる。ああ、この終わりのないような快感にどこまでも堕ちていきたい。俺はのけ反りながら、俺を攻撃するデカマラに食いつくように腰を上下させる。

2人とも酸素が足りないくらい息があがり、肉体どうしの激しい絡みあいで汗ダラダラだ。俺は彼に掘られたまま腰を浮かして至福に達した。見上げる彼はマッチョな肉体に汗を光らせ、この上なく野性的な雄の姿で吠えながら、俺のマラに熱い雄汁をぶっかけるのだった。


↓自分の住まいをクリック!↓

 - 外国人筋肉ゲイ動画 , , , ,